2011年09月30日

不透明要因が山積

日経平均は小幅反落、終値は 8,700.29(前日比 -0.94)。
出来高は 20億1317万株、売買代金は 1兆2423億円。

前場後場とも前日終値前後での動き。

来週も、国内外で重要イベントや経済指標の発表が目白押し。
EFSF拡充をめぐって来月半ばまで各国議会での採決が待ち構えている欧州債務問題をはじめ、海外には不透明要因が山積している。
投資家心理を和らげるきっかけ次第で買い戻しの動きが広がると期待する向きもあるが、先行き不透明感から、上値追いには慎重にならざるを得ないとの見方が大勢を占めているとのこと。

日経平均、来週はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

ドイツへの期待

日経平均は 3日続伸、終値は 8,701.23(前日比 +85.58)。
出来高は 21億5882万株、売買代金は 1兆3032億円。

前場は 8,530前後での動き、後場に入りプラス圏へ、ほぼ高値引けで終了。

ドイツが可決すれば残りの国にも安心感を与え、追随する動きが加速する。
焦点は票差。
圧倒的多数で可決されれば強い好材料だが、逆に僅差で可決ということになると、今後の対応策に対するドイツへの期待が薄れる。
市場ではドイツ議会による可決は織り込み済みだが、仮に否決された場合、改めて議論の場が必要になり、12月に控えるギリシャ債の償還に間に合わないだろう。
デフォルトの可能性も高まるとのこと。

日経平均、明日は何処まで頑張れるかなぁ。

民主党、何時になったら議員報酬、議員定数、公務員給与削減するねん。
待ちくたびれたぞ。
国民への増税の前に宗教法人の課税もしてもらわないと。
できないならとっとと解散してくれ。
posted by くりす at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

リスク資産に対する慎重姿勢

日経平均は小幅続伸、終値は 8,615.65(前日比 +5.70)。
出来高は 18億5953万株、売買代金は 1兆2327億円。

前場に高値 8,665まで上昇、その後は前日終値付近へ。

日経平均株価は9月配当落ち分(70円程度)を吸収した上で続伸。
ただ、市場関係者の間では、欧州債務問題に関しては懸念がひとまず後退したというだけで、払拭されたわけではないとの見方が一般的で、上値を積極的に買う動きは広がらなかった。
米国景気の先行き不透明感は依然として強く、円相場が高止まりする中で投資家はリスク資産に対する慎重姿勢を崩していない。
海外情勢や為替の動きをにらみながら、下値を探る神経質な展開は続くとの声も聞こえたとのこと。

日経平均、明日はどっちに動くかなぁ。
posted by くりす at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

自律反発の域

日経平均は反発、終値は 8,609.95(前日比 +235.82)。
出来高は 18億8390万株、売買代金は 1兆1930億円。

前場は 8,500前後での動き、後場引けに掛けて上げ幅拡大、高値引けで終了。

欧州金融安定基金(EFSF)の拡充やECBによる利下げ観測など、これまでとは異なり、欧州債務問題への対応で具体的に一歩踏み込んできたとして、対応進展の期待感が株価上昇の背景にあった。
ただ、ギリシャ問題をめぐり、今週はドイツの議会承認など様々なイベントが控えており、動向を見極めたいとして、薄商いとなる中で上昇幅は限定的。
海外要因で下げており、国内に買い上がる材料はないとされる中で、自律反発の域を出なかったとのこと。

日経平均、上の窓埋め見れるかなぁ。
ところで、世界経済大丈夫?
posted by くりす at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

景気低迷

日経平均は続落、終値は 8,374.13(前日比 -186.13)。
出来高は 21億2772万株、売買代金は 1兆4280億円。

8,500台で寄り付き後下へ、後場に安値 8,359まで下落、安値圏で終了。

27日は9月中間期末配当の権利付き売買最終日だが、今日は中間配当の権利を放棄してでも売り急ぐ流れになった。
ギリシャなど欧州諸国の過重債務問題が金融システム不安に進展し、世界的な景気低迷を招くことが懸念されており、東京市場では商社や非鉄など景気動向に敏感な業種を中心に大幅安に見舞われたとのこと。

日経平均、何時になったら落ち着くかなぁ。
posted by くりす at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

デフォルトするのかしないのか

日経平均は反落、終値は 8,560.26(前日比 -180.90)。
出来高は 17億0407万株、売買代金は 1兆2098億円。

朝寄り付き後じりじりと下へ、後場安値 8,545まで下落。

日銀によるETF買い入れや年金の買いは日本特有のもので、下げ相場では日中の動きを鈍くさせる要因でもある。
今日は下げ止まったものの、この水準が下値というわけではなく、来週以降も 8,500台を維持できるか否かは不透明。
ただ、米企業はキャッシュが潤沢。
欧州債務問題に進展がみられれば、増配や自社株買いが効果をみせるだろう。
肝心なのはギリシャがデフォルトをしないことではなく、ギリシャがデフォルトするのかしないのか、そのどっち付かずの状況から抜け出して、呆れている投資家を呼び戻す事とのこと。

日経平均、踏ん張れるかなぁ。
posted by くりす at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

沈滞ムード

日経平均は反発、終値は 8,741.16(前日比 +19.92)。
出来高は 14億4201万株、売買代金は 9558億円。

日経平均、8,750前後での動き。

アジア株が総じて底堅く推移した為、後場にやや上げ幅を拡大する場面もあったが、市場の関心はFRBの追加緩和策に集中、身動きとれず。
とはいえ、FOMCを通過すれば動意づくかといえば、そうとも限らない。
月末に向け、ディーラー筋の動きが鈍るとみられるほか、機関投資家の安値拾いの買いも細ってくると予想される。
リスク回避姿勢を緩める気配をみせない外国人投資家のスタンスに変化がなければ、戻りを試す展開にはなりにくいと、沈滞ムードが漂っているとのこと。

日経平均、8,900台は何時になるかなぁ。
posted by くりす at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

一喜一憂

日経平均は反落、終値は 8,721.24(前日比 -142.92)。
出来高は 14億1621万株、売買代金は 9668億円。

前場は 8,750前後での動き、後場に安値 8,704まで下落。

午後になってイタリアの格下げに対する欧州の反応が気になり始めたようだ。
それほど大きい売りでもないが、FOMCを前に手控えムードが強いだけに、支えるだけの買いは入りにくかった。
欧州では週内にECB理事会が開かれるほか、来週はドイツ議会で、欧州金融安定ファシリティーの拡大の可否が問われる。
これら欧州に関するイベントに一喜一憂しながらの展開が継続すると思われるとのこと。

日経平均、明日はどっちに動くかなぁ。
posted by くりす at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

戻りへの道のり

日経平均は続伸、終値は 8,864.16(前日比 +195.30)。
出来高は 19億2644万株、売買代金は 1兆1941億円。

前場は 8,800前後での動き、後場上げ幅拡大、高値引けで終了。

日米欧の主要中央銀行が年末越えのドル資金供給で協調することが発表され、主要株価指数が大幅に上昇した欧米市場の流れを引き継いだ。
市場関係者からは、世界的に株価は戻り歩調に転じつつあるとの声も聞かれた。
もっとも、前日に米国で発表された経済指標は低調な内容。
世界景気の先行き不透明感はまだまだ強いことから、日本株の戻りへの道のりも険しいとのこと。

日経平均、9月14日が底になってくれるかなぁ。
posted by くりす at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

買い手掛かりなし

日経平均は反発、終値は 8,668.86(前日比 +150.29)。
出来高は 16億8610万株、売買代金は 1兆0404億円。

日経平均、8,650前後での動き。

週末にはEU財務相会議、来週はFOMCを控える。
FOMCは何かしらの策が提示されるとは思うが、現時点で市場が納得できる内容を出せるか否か判断するのは困難で、積極的にポジションを動かすことはできない。
上値を追える材料もなく、国内では買い手掛かりはない。
目先、日経平均の下値メドは 8,200〜8,300程度とみるが、国内企業の業績面から考えれば、この水準まで押さずに済む可能性は十分にあるだろうとのこと。

日経平均、明日は何処まで頑張れるかなぁ。
IPOのKLab、SBIさんで補欠・・・、当たらないかぁ。
posted by くりす at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。