2012年09月28日

はっきりしない相場

日経平均は反落、終値は 8,870.16(前日比 -79.71)。
出来高は 17億5670万株、売買代金は 1兆1198億円。

朝寄り付き後じりじりと下へ、後場に安値 8,838まで下落。

国内ではドレッシング買いを入れるような環境ではなく、単純に手じまい売りに押されただけ。
週末に中国が景気刺激策でも打ち出せば話は別だが、来週から下期相場となっても新規マネーの流入を期待できるほどの状況ではない。
10月下旬から出始める企業決算までは欧州や中国をにらみつつ、円高に上値を抑えられながら、はっきりしない相場が続きそうとのこと。

日経平均、上に行くのは大変そう。
posted by くりす at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

調整圧力

日経平均は反発、終値は 8,949.87(前日比 +43.17)。
出来高は 16億2875万株、売買代金は 1兆0164億円。

朝 8,850付近でスタートも、じりじりと上に行きプラス圏へ。

値頃感が強まったことでいったん切り返した形となったが、市場には、米国、欧州とも株価は高値をつけた後、調整含みにある。
円高傾向が定着していることもあり、しばらく調整が続きやすいと慎重な見方も少なくない。
欧州債務問題をめぐって懸念材料が出るたびに、海外株式に調整圧力が働く為、日本株も上値がやや重くなっているとのこと。

日経平均、上の窓埋めれるかどうか・・・
posted by くりす at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

短期筋

日経平均は反落、終値は 8,906.70(前日比 -184.84)。
出来高は 14億6328万株、売買代金は 1兆0088億円。

前場は 8,950前後での動き、後場引け前に安値 8,894まで下落。

基本的にはスペインとドイツの駆け引きを材料に短期筋が動いているだけ。
デフォルトするとは考えにくいが、スペインからの申請がなければECBは支援に動かず、先行きに不透明感が増している。
また、中国は来週から大型連休を控えており、手じまい売りに押されやすいが、中国は根本的に景気減速懸念が強まっている。
自民党の安倍新総裁誕生は、現時点では野党第一党の党首が決まっただけの話。
今後の相場の流れを決定付けるものではないとのこと。

日経平均、明日はどっちに動くかなぁ。
posted by くりす at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

金融緩和の恩恵

日経平均は反発、終値は 9,091.54(前日比 +22.25)。
出来高は 17億4553万株、売買代金は 1兆0732億円。

前場後場、前日終値前後での動き。

米国の経済指標をにらみながら企業業績の発表を待っている状況。
米国では7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数など、住宅関連指標が発表される。
これまでの金融緩和の恩恵もあり、米住宅市場に対する警戒感は薄いものの、仮に強い結果となっても、為替市場の流れを変えるほどのものではないだろう。
また、円高で期待できないハイテクに内需の一服、足元は好調ながら先行きに不透明感のある自動車と、第2四半期の国内企業業績に大きな期待はできないとのこと。

日経平均、明日はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

中国の減速

日経平均は反落、終値は 9,069.29(前日比 -40.71)。
出来高は 14億1044万株、売買代金は 9133億円。

9,060前後でマイナス圏での動き。

尖閣諸島を巡って日中間の緊張が続いており、中国関連と位置づけられている銘柄が安かった。
市場では、対日強硬姿勢は外資の対中投資を慎重にさせるなど、中国経済全体にマイナスとなる可能性があると、中国自体の景気減速を心配する声も聞かれる。
中国の減速は日本だけでなく、世界の株価にとって重しとなりかねない。
しばらくは中国情勢にやや神経質な状態が続きそうとのこと。

中国共産党が崩壊するのは何時かなぁ。
posted by くりす at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

日柄調整

日経平均は反発、終値は 9,110.00(前日比 +23.02)。
出来高は 16億0958万株、売買代金は 1兆0270億円。

後場に高値 9,159まで上昇するも、売りに押されて終了。

相場は日柄調整入りの局面。
日銀の金融緩和策強化にしても、米国のQE3とは違って資産効果はなく、そのQE3も数カ月前から期待が相場を支えてきており、出尽くし感が強まっている。
これからも下支えとして期待はできるものの、現在中国の景気に対する警戒感もあり、商品市況もそれほど盛り上がっておらず、QE2のときのように金融緩和だけで上値を追えるような状況ではないとのこと。

日経平均、来週はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

過剰流動性相場

日経平均は反落、終値は 9,086.98(前日比 -145.23)。
出来高は 19億0025万株、売買代金は 1兆2924億円。

マイナス圏で推移、後場に安値 9,079まで下落。

日銀の金融緩和策に対する懐疑的な見方が広がり、利益確定売りが出やすくなってしまった。
メインイベントを通過し、今日はHSBCの中国製造業PMIが唯一ともいえる材料だっただけに、反応が強めに出たのかもしれない。
過剰流動性相場が期待され、大きく下ぶれることはないとみているが、円相場が高止まりする限り、米国が2歩進んで日本株がようやく1歩進めるような展開がしばらくは続くのではとのこと。

日経平均、9,000台で踏ん張れるかなぁ。
posted by くりす at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

素直に反応

日経平均は反発、終値は 9,232.21(前日比 +108.44)。
出来高は 20億7449万株、売買代金は 1兆3922億円。

プラス圏で推移、後場追加緩和で、高値 9,288まで上昇。

日銀の踏み込んだ金融緩和に、東京市場は素直に反応。
これで出遅れていた日本株に海外勢の関心が向きやすくなるとの期待感も聞かれる。
ただし金融政策については、これでいったん材料は出尽くし。
日経平均が 9,000台半ばを超えると戻り待ちの売りも強まると予想され、ここから上は円高修正がさらに進むなどの強い材料が必要とみられるとのこと。

日経平均、何処まで頑張れるかなぁ。

日本航空、公募価格より上で初値が付くとはびっくり。
証券会社さん、やろうと思えばできるやん。
これからも公募価格割れは止めてね。
posted by くりす at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

日銀

日経平均は反落、終値は 9,123.77(前日比 -35.62)。
出来高は 17億9720万株、売買代金は 1兆1941億円。

前場は 9,160、後場は 9,140前後での動き。

注目される日銀金融政策決定会合で動きがなくても、次回会合に含みを持たせる内容であれば、特に不安材料にはならない。
一時的にドル円が下落することはあったとしても、海外株の動き次第で、日経平均は5月上旬にあけたマド埋めにトライするとみられるとのこと。

日銀、追加緩和してくるかなぁ。
posted by くりす at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

外部環境の好転

日経平均は 3日続伸、終値は 9,159.39(前日比 +164.24)。
出来高は 24億9543万株、売買代金は 1兆6268億円。

朝 9,100近くで寄り付き後じりじりと上へ、後場に高値 9,193まで上昇。
9月物SQ値は、概算で 9,076.79。

FOMCの前からある程度は織り込まれており、週明け以降もこのまま上値を試すとは思えない。
ただ、外部環境の好転で下値の限られた展開が期待される。
また、FRBがQE3実施を決定したが、ドル円の下値は限定的だった。
来週に控える日銀金融政策決定会合に対する期待も高まっている。
日銀が切れるカードは限られているが、それでも行動するか否かで市場の評価も変わってくるだろうとのこと。

日経平均、8月20日の高値(9,222.87)超えれるかなぁ。
posted by くりす at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。