2013年06月28日

反騰態勢

日経平均は大幅続伸、終値は 13,677.32(前日比 +463.77)。
出来高は 31億9097万株、売買代金は 2兆6078億円。

朝寄り付き後上へ、後場に高値 13,724まで上昇。

NYダウが3日続伸、1週間ぶりに 15,000ドル台を回復したことが素直に好感された。
米株高要因は、FRBのパウエル理事の発言で早期の量的緩和の縮小懸念が後退したこと。
一方、中国リスク懸念は完全に払拭されていない。
ただ、証券関係者からはここ数日、中国金融市場が落ち着いている為、不安心理が和らぎ、東京市場は反騰態勢に入ったと強気な声も聞かれ始めたとのこと。

日経平均、来週は何処まで頑張れるかなぁ。
posted by くりす at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

悲観ムードは後退

日経平均は大幅反発、終値は 13,213.55(前日比 +379.54)。
出来高は 26億9371万株、売買代金は 2兆1105億円。

プラス圏で推移、後場上げ幅拡大、高値引けで終了。

5月22日のバーナンキFRB議長の議会証言から続いてきた資金逃避が一服しつつある為、上海以外のアジア市場も株価指数が上昇に転じてきており、悲観ムードは後退しつつある。
ただ、一方で海外ファンドは米国の量的緩和策の先行きをにらんで動きにくく、個人も新興市場の急落で投資意欲が減退しているのが現状。
様子見姿勢が依然として強く、反発力も限定的だったとのこと。

日経平均、13,500まで頑張れるかなぁ。
posted by くりす at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

低下気味

日経平均は 3日続落、終値は 12,834.01(前日比 -135.33)。
出来高は 24億8707万株、売買代金は 1兆9141億円。

前場に高値 13,189を付けた後、下へ。

上海株プラス為替動向に引きずられた格好。
国内発の材料不足は否めず、出来高も少ない。
ただ、ボラティリティは低下気味で、13,000を挟んだ上下幅が縮小し、三角もちあいを形成しつつある点は注目されるとのこと。

日経平均、明日はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

きっかけ

日経平均は続落、終値は 12,969.34(前日比 -93.44)。
出来高は 27億1281万株、売買代金は 2兆2803億円。

13,000前後での動き。

上海総合指数の下げがきつく、ネガティブ反応を示した。
現物の出来高が細るなか、先物で仕掛け、その影響力が増している面もある。
約1ヶ月、13,000を挟んだレンジ相場が続き、このゾーンを抜け出すには良くも悪くも大きなきっかけが必要となろうとのこと。

IPOのサントリー食品インターナショナル、野村さんで補欠でした。
posted by くりす at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

強気になれない

日経平均は反落、終値は 13,062.78(前日比 -167.35)。
出来高は 22億9346万株、売買代金は 1兆8962億円。

朝寄り付き後下に行き、マイナス圏へ。

国内には上値を追えるような強い買い材料はなく、徐々に利益確定の売りが優勢となった。
中国では景気減速懸念も出ており、今後、中長期的な問題として注意を払う必要はある。
東京都議会選挙で自民党が圧勝したことで、夏の参院選も与党が勝利して政権が安定し、秋には思い切った政策が打ち出されるとの期待感が出ているというが、まだ投資家は強気になれないようだとのこと。

日経平均、明日はどっちに動くかなぁ。
posted by くりす at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

持続性

日経平均は反発、終値は 13,230.13(前日比 +215.55)。
出来高は 33億4070万株、売買代金は 2兆7987億円。

前場に安値 12,702を付けるも、下げ幅縮小してプラス圏へ。

円安連動で、225先物主導の展開。
米国の量的緩和縮小の方向性を織り込んだかどうかは不透明であり、単なる買い戻しであれば、持続性は期待しにくい。
ただ、来週にも75日移動平均線を突破してくるようだと、相場付きが好転する可能性があるとのこと。

日経平均、来週は何処まで頑張れるかなぁ。
posted by くりす at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

落ち着き

日経平均は反落、終値は 13,014.58(前日比 -230.64)。
出来高は 28億5760万株、売買代金は 2兆2962億円。

マイナス圏で推移、一時 13,000割れ。

FOMCを通過し、為替も円安方向に振れたので、もう少し下げ渋るかと思ったが、量的金融緩和縮小による資金流出懸念に加え、中国経済指標の悪化、インドルピー安などが嫌気された。
マーケットは落ち着きを取り戻しつつある。
すぐに反転というわけにはいかないが、徐々に底打ち感が出てくるのではないかとのこと。

日経平均、明日はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

結果次第

日経平均は反発、終値は 13,245.22(前日比 +237.94)。
出来高は 28億1046万株、売買代金は 2兆1172億円。

プラス圏で推移、13,300で上値を抑えられて終了。

注目のFOMCを織り込みに掛かった動きにも映るが、超短期の先物プレーヤーによる買い戻しが指数上昇に反映された格好。
FOMCの結果次第では、アク抜けにも材料出尽くしにもなるだけに、フタを明けるまでは軽々に判断できないとのこと。

日経平均、明日はどっちに動くかなぁ。
IPOのリプロセル、ポイントを使ってSBIさんで100株当選、ジェイエスエスはSBIさんで補欠、ICDAホールディングスは落選でした。
posted by くりす at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

商いは少なく

日経平均は反落、終値は 13,007.28(前日比 -25.84)。
出来高は 24億3480万株、売買代金は 1兆9258億円。

前場後場、13,000前後での動き。

債券先物買い、株価指数先物売りのトレードが続き、上値は重い。
まだ早いが、FOMCの結果待ちというしかない状況。
商いは依然少なく、この分だと明日も似たような動きになるのではないかとのこと。

日経平均、明日はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

慎重な姿勢

日経平均は大幅続伸、終値は 13,033.12(前日比 +346.60)。
出来高は 25億0430万株、売買代金は 1兆9838億円。

マイナス圏でスタートもじりじりと上へ、後場上げ幅拡大、高値引けで終了。

前週末14日の日経平均株価のPERが14倍台であるのに対し、米S&P500種指数が15倍台にあることから、日本株に対する割高感が後退し、買い戻しや打診買いが入ったようだとの声も聞かれた。
ただ、18〜19日に行われるFOMCまでは様子を見たいと、慎重な姿勢は崩していないようだとのこと。

日経平均、何処まで頑張れるかなぁ。
posted by くりす at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。