2014年01月31日

需給面での不安要素

日経平均は続落、終値は 14,914.53(前日比 -92.53)。
出来高は 30億8084万株、売買代金は 2兆8427億円。

15,100台でスタートもじりじりと下へ、後場に安値 14,764まで下落。

先物売買に振り回されている。
依然高水準の裁定買い残や外国人投資家の継続売りなど、需給面での不安要素を背景に、戻りが弱いと売りが強まってくる。
TOPIXで窓埋め拒否の動きが続き、チャート上はよくない。
この先、値幅でなく日柄の調整になるかは微妙とのこと。

日経平均、来週はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

外部環境次第

日経平均は大幅反落、終値は 15,007.06(前日比 -376.85)。
出来高は 30億4108万株、売買代金は 3兆0222億円。

前場に安値 14,853まで下落、その後は下げ渋り。

心理的なフシ目である 15,000台を保ったことは好ましいが、新興国市場への懸念と米国株の動きという外部環境次第の展開となっている為、下げ止まったはいえない。
目先は不透明感があり、昨年の年末ラリーの基点となった 14,800どころを維持できるかが注目される。
維持できれば上昇基調のなかでの調整となり、下回れば見方が変わり調整色が強まるとみているとのこと。

日経平均、何処まで下げるかなぁ。
posted by くりす at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

持続性は不透明

日経平均は大幅反発、終値は 15,383.91(前日比 +403.75)。
出来高は 23億6372万株、売買代金は 2兆4778億円。

朝寄り付き後じりじりと上へ、後場上げ幅拡大、高値引けで終了。

23日以降4日続落し、この間の取引時間中ベースでの下げ幅に対する38.2%戻しの 15,325を突破したが、問題はこれから。
新興国リスクの収束など悪材料がいったん解消されたことを受けての反発であり、持続性は不透明。
あくまでも為替動向次第だが、FOMCの結果によって今後の方向性が見えてくるかどうか注目したいとのこと。

日経平均、リバウンド終了は何時かなぁ。
posted by くりす at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

FOMC待ち

日経平均は 4日続落、終値は 14,980.16(前日比 -25.57)。
出来高は 27億3200万株、売買代金は 2兆6790億円。

前場に高値 15,088を付けた後、下へ。

自律反発の動きが出た割には力がなさすぎる。
FOMC待ちの状況とはいえ、前週末から2つの窓をあけており、形は良くない。
上値の重さが気になり、下振れリスクをはらんでいるとのこと。

日経平均、底は何処になるかなぁ。
posted by くりす at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

値幅調整

日経平均は大幅 3日続落、終値は 15,005.73(前日比 -385.83)。
出来高は 32億6479万株、売買代金は 2兆8502億円。

前場に安値 14,933を付けた後、下げ渋り。

日経平均の昨年6、8、10月の安値を結んだラインが 14,800近辺にあり、値幅調整は一巡するとみられる。
その後、日柄調整となりそう。
今週から決算発表が本格化することから、指数ではなく個別への物色が中心ではとのこと。

日経平均、リバウンドは何時かなぁ。
posted by くりす at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

左右される展開

日経平均は大幅続落、終値は 15,391.56(前日比 -304.33)。
出来高は 31億7493万株、売買代金は 3兆0809億円。

マイナス圏で推移、後場に安値 15,288まで下落。

欧米株安に円高で下落し、ムードは良くない。
週明けに目先的な自律反発があっても、買い上がる材料がなければ上値は重いだろう。
むしろ、軟調地合いが尾を引くようだと、心理的なフシ目となる 15,000が意識されてくる。
結局は海外株式や為替動向に左右される展開が続くことになるとのこと。

日経平均、上の窓埋めは何時かなぁ。
posted by くりす at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

個別株物色

日経平均は続伸、終値は 15,820.96(前日比 +25.00)。
出来高は 26億6414万株、売買代金は 2兆4539億円。

後場に安値 15,631まで下げるも、切り返してプラス圏へ。

先物市場では円高で売られ、円安で買い戻され、為替連動の動き。
ただ、指数先物売買と材料株物色は別行動。
今後は本格化する決算をにらみながらの個別株物色にシフトしていくことになろうとのこと。

日経平均、明日はどういう動きになるかなぁ。
posted by くりす at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

日柄調整

日経平均は反発、終値は 15,795.96(前日比 +154.28)。
出来高は 23億7699万株、売買代金は 2兆0609億円。

朝寄り付き後上に行き、高値 15,894まで上昇。

後場は短期筋による先物売買が主体のイメージ。
日経平均は25日移動平均線を挟んで三角もち合い形成のパターンとなり、日柄調整が尾を引く可能性がある。
明日の日銀金融政策決定会合では現行の緩和継続で何も出ないのがコンセンサスであり、きっかけがつかみにくいとの声が聞かれたとのこと。

日経平均、16,000見れるかどうか。
posted by くりす at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

様子見気分

日経平均は 3日続落、終値は 15,641.68(前日比 -92.78)。
出来高は 22億2687万株、売買代金は 1兆8972億円。

前場に安値 15,574まで下落、その後下げ渋り。

日経平均は3日続落となったが、東証1部の騰落銘柄数は値上がりのほうが多く、指数寄与度の高い一部銘柄の影響を受けたようだ。
また、前週17日に発表された1月第1週(6-10日)の投資部門別売買動向で、売買の中心である外国人投資家が11週ぶりに売り越しとなったことで、主力株に対して様子見気分が広がったようだとのこと。

日経平均、踏ん張れるかなぁ。
posted by くりす at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

需給要因

日経平均は続落、終値は 15,734.46(前日比 -12.74)。
出来高は 27億3890万株、売買代金は 2兆3274億円。

前場はマイナス圏での動き、後場一時プラス圏へ。

後場急速に引き戻したが、海外CTAによる債券先物売り、株価指数先物買いの動きとみられ、短期的な需給要因によるもの。
14日の急落後に15日は急反発したが、その後の値幅は収束気味であり、25日移動平均線絡みでの日柄調整に移る可能性があるとのこと。

日経平均、来週はどっちに動くかなぁ。
posted by くりす at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。