2009年10月02日

懸念

日経平均は続落、終値は 9,731.87(前日比 -246.77)。
出来高は 21億9333万株、売買代金は 1兆4959億円。

朝寄り付き後下へ、後場に安値 9,714を付けた後、底ばいのまま終了。

市場では、米国の経済対策の効き目が早くも薄れてきたと、米景気が再び悪化することへの懸念が強まっている。
米雇用統計の内容次第では、米株安とドル安がさらに進みかねない。
この為、下値を積極的に拾う動きはみられず、機関投資家も個人も買いを見送った。
日経平均はおおむね 10,000〜10,500でもみ合いを続けてきたが、2日続けて終値で 10,000を下回った。
9月まで下値抵抗線と意識されていた 10,000が、今度は上値の壁になってしまうと、弱気相場入りが意識されているとのこと。

日経平均、上の窓埋め(9,852〜9,965)は何時かなぁ。


posted by くりす at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129339544

この記事へのトラックバック

なぜ9割の投資家が損をするのか?
Excerpt: こんにちは、八木です。 あなたは株式の売買で損をしていませんか? あなたがもし株式の売買で損をしていたとしても、 それはあなたが下手だからではありません。 普通に考えて、長い目で見た場合、 株価が..
Weblog: 株式投資必勝法・初級クラス
Tracked: 2009-10-03 11:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。